Webの記録

WordPressのバージョンを消す方法。

投稿日:

この記事は約 2 分で読めます。

WordPressのバージョンによってはセキュリティー的に脆弱性があるようで、いろいろネット検索をしていると表示を消した方が良いと出て来たので消してみたいと思います。

そこで、WordPressのバージョンはどこに出るのか・・・と探してみました。

デフォルトの状態のテーマや独自で作ったテーマを使っていると、以下のようなmetaタグがheadの中で見つける事が出来ます。

<meta content="Wordpress 3.2.1" name="generator">

WordPressのテンプレートタグ「wp_head();」を使うとmetaタグとして出力されるようです。

・・・で、忘れないようにここにメモ。

記述の仕方

functions.phpに以下を記述する。

remove_action('wp_head','wp_generator');

たった1行。これだけで消えました♪

-Webの記録
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

関連記事

no image

WordPressログイン画面にオリジナルロゴを表示させる

この記事は約 1 分で読めます。 パッとひと目でそのサイトだと分かりやすくしたいなぁと思って、ログイン画面のロゴをオリジナルに変更してみました。 WordPressのバージョンによって、ロゴ部分のサイ …

no image

スマートフォンサイトのソースコードを見たいときに便利だったツール【AndroidとPC】

この記事は約 1 分で読めます。 今までPC用サイトだけだったのが、最近ではレスポンシブだったりスマホサイトだったり・・・と多様化してきました。 まだまだスマホでの表示は謎が多くて、毎回ドキドキしてま …

ファイルアップロード・メール添付機能をWordPressお問い合わせプラグイン「Contact Form 7」でカンタン実現!

この記事は約 1 分で読めます。 WordPressでお問い合わせフォームを付けるときは、いつもプラグイン「Contact Form 7」を利用しています。 日本人の作者で、利用者が多く、更新頻度の高 …

no image

軽量で簡単に設置出来るjQueryスライダー「FlexSlider」。

この記事は約 1 分で読めます。 今までいくつかのjQueryスライダーライブラリを利用しました。今回も軽量で簡単に設置が出来る「FlexSlider」を見つけたので、早速メモです。 スマートフォンで …

no image

WordPress カスタムフィールドを使ってみる

この記事は約 1 分で読めます。 WordPressの便利な機能のひとつ「カスタムフィールド」に今回チャレンジします♪ 「カスタムフィールド」は、記事本文とは別に項目を独自で作って表示するものです。