Webの記録

WordPressのバージョンを消す方法。

投稿日:

この記事は約 2 分で読めます。

WordPressのバージョンによってはセキュリティー的に脆弱性があるようで、いろいろネット検索をしていると表示を消した方が良いと出て来たので消してみたいと思います。

そこで、WordPressのバージョンはどこに出るのか・・・と探してみました。

デフォルトの状態のテーマや独自で作ったテーマを使っていると、以下のようなmetaタグがheadの中で見つける事が出来ます。

<meta content="Wordpress 3.2.1" name="generator">

WordPressのテンプレートタグ「wp_head();」を使うとmetaタグとして出力されるようです。

・・・で、忘れないようにここにメモ。

記述の仕方

functions.phpに以下を記述する。

remove_action('wp_head','wp_generator');

たった1行。これだけで消えました♪

-Webの記録
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

関連記事

no image

scroller.jsで「するするスクロール」にチャレンジ♪

この記事は約 1 分で読めます。以前、yuga.jsを使ってページ内リンクを「するするスクロール」にチャレンジしました。 今回は、scroller.jsを使って同じような事をやってみたいと思います。 …

no image

LIghtBox風画像ギャラリーを「ColorBox」で作ってみた♪

この記事は約 1 分で読めます。LightBoxのように、画像を拡大表示出来るjQueryプラグインを探してみました。 たくさんLightBox風のライブラリはありましたが、今回は「ColorBox」 …

no image

スマホ用にWebクリップアイコンを設置してみた

この記事は約 1 分で読めます。 Webクリップアイコンの設置はとても簡単!アイコン素材をちゃんとアップして、1行link要素を書くだけです。 iPhone、iPad、Androidでホーム画面にショ …

no image

WordPressでオリジナルテーマ作りにチャレンジ8【トップページ編】

この記事は約 1 分で読めます。 今回、WordPressのオリジナルテーマ作りにチャレンジしました。 ブログサイトならトップページを特別に作る必要はないのかもしれませんが、通常のサイト「index. …

『WordPress閲覧しているページが使用しているテンプレートがひと目でわかる!』便利プラグイン「Show Current Template」

この記事は約 1 分で読めます。 WordPressのテンプレートを制作・カスタマイズをしていて、「表示しているページがどのテンプレートを読んでるんだろう」と思ったことはないですか? 「Show Cu …