Webの記録

Facebookページをタイムラインに移行してみた♪

投稿日:

この記事は約 4 分で読めます。

2012年3月1日、Facebookページで大きな変化がありました!

いままで「いいね!」を獲得する為に様々な方法がとられていましたが、「タイムライン化」になった事でそれらの方法が通用しなくなってしまいました。

これまでちょくちょく進化(変化)してきたFacebookですが、今回の変化にはかなり驚いています!!

今回のタイムライン化は、強制的に3月30には一斉に切り替わってしまうらしいので、ここは早く「タイムライン化」させて慣れておきたいと思います。

そんなワケで、タイムライン化の簡単な設定や気付いたコトなどをメモします。

目次

  • まずは、タイムラインへ移行。
  • カバー画像について
  • タイムライン移行方法
  • タイムライン移行して感じたコト

まずは、タイムラインへ移行。

今回の大きな変更点は、左側にあったタブが消えたコト!

Facebookページにアクセスすると自動的に「ウェルカムページ」に誘導出来るように管理者が設定出来たのですが、タイムライン化した事で管理者が思うページへ誘導出来なくなりました。せっかく作った「ウェルカムページ」が埋もれてしまう・・・って現象が起きてしまいました。
※Webサイトから「ウェルカムページ」に直リンクすれば、Webサイトからのアクセスの場合「ウェルカムページ」を見せる事は出来ます。

タイムラインが注目される事で、今までと違った見せ方をしないといけなくなったコトは、かなり大きい変更点だと思います。

タイムラインへ移行する操作は、とても簡単です!

ただし、準備が必要!ってコトで・・・
まずは、カバー画像についてまとめてみました。

カバー画像について

カバー画像のサイズは横851px縦315pxです。ちなみにプロフィール画像は、縦横180px以上です。(表示サイズは異なるけれど)

このカバー画像には注意しないといけない事があります!

  • 価格や宣伝などの情報を入れてはいけない。
  • URLとメールアドレスを載せてはいけない。
  • 「いいね!」や「シェア」、「すぐに手に入れよう!」や「友達に教えよう!」など、ユーザへの行為を促す言葉の掲載はいけない。

結局、商品や会社、社員や、コンセプトのイメージに合った画像を使うってコトになるようです。

私もシンプルな画像を作ってみました。ロゴはOKらしいので、ロゴを入れてみました♪

「Facebookページタイムライン化」の公式ガイドに詳しく書かれています。

タイムライン移行方法

Facebookページ タイムライン移行前のイメージ

移行するには、Facebookページの上に表示される案内文の部分にある「プレビュー」という青いボタンをクリックします。これでタイムラインへ移行出来ました!

カバー画像を追加する画面イメージ

「カバーを追加」ボタンを押すと、カバー画像を入れる事が出来ます。
(アルバム画像もしくは、アップロードした画像を選択します)

ページのプレビュー画面のイメージ

カバー画像を入れると、画面の上にボタンが表示されます。
「今すぐ公開」をクリックすると、すぐにタイムラインのFacebookページが公開されます。「詳しい情報を見る」をクリックするとFacebookページの画面の説明が見られます。

Facebookページの画面の説明イメージ

「基本データ」、「表示拡大、非表示、固定」、「管理者用パネル」、「メッセージ」の順で説明を見る事が出来ます。

Facebookページをタイムラインに移行したイメージ

とりあえず、一通りの操作方法を見て・・・公開したイメージです。

カバー画像の右下に、写真や、今まで画面左側にあったタブの中身(アプリ)、そして「いいね!」の数や今まで見えなかったそのFacebookページのインサイト情報(以前は管理者だけしか見えなかった)を見る事が出来ます。

今まで見えていたモノ、隠れていたモノが、管理者の意思と関係なく変化してしまったというコトになります!ある意味怖いかも?!

またメッセージボタンが追加されています。ユーザーとのダイレクトな意思疎通がとれるようになりました。これは設定によって表示させないようにする事も可能ですが、あった方が印象が良いかもしれません。。。

タイムライン移行して感じたコト

タイムラインを導入すると、今まで埋もれていたFacebookページの過去記事の見通しが良くなります。

とにかくタイムラインに目が行く事で、タイムラインに表示する内容はよりユーザーを意識した内容になっていくのでしょう。
それだけFacebookページの更新頻度や画像と文章などが吟味され、ユーザーとの対話もしっかりしなくてはいけなくなります。

これからのFacebookページは、本当の意味でもコミュニケーションツールになっていくんだなぁと思う反面、その分いろいろと運営が大変なのかもしれません。

Facebookページの運営について、方針や対応などじっくり考えるには良い機会なのかもしれません。

-Webの記録
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

関連記事

no image

パンくずリストをGoogleの検索結果ページで表示させる方法

この記事は約 1 分で読めます。 Googleで検索をした時に、検索結果でサイトタイトルの下にパンくずリストが表示されているのを見かけたことはありませんか? 最近妙に気になって・・・(今頃?!)、私も …

no image

Evernote Webクリッパーを入れてみた♪

この記事は約 1 分で読めます。Web上で興味を持ったページの情報をそのまま手軽にEvernoteに保存する方法を試してみたいと思います。 日頃使っているEvernoteの便利な使い方その2です。(2 …

no image

baserCMSで更新した内容がすぐにブラウザで反映しないとき

この記事は約 1 分で読めます。 baserCMSで既にあるphpや画像などを一部修正して、FTPでアップし直しをした時。 baserCMSでログインしている状態でブラウザ表示できちんと更新されていた …

no image

初心者のアクセス解析勉強メモ【用語と簡単にサイトをチェックしてみた】

この記事は約 1 分で読めます。 最近、興味があるのは・・・アクセス解析関係。 Webサイトを作った後、運営していくのにはやっぱり重要!アクセス解析をして、そのサイトの現在の状態を見て、それから目標を …

no image

レスポンシブ対応ナビゲーションを簡単に付けられる「SlickNav」

この記事は約 1 分で読めます。 レスポンシブサイトで、PCとスマホではメニューの見せ方を変えたいもの。 画面の幅が狭くなった時はハンバーガーボタンと言われる三本線のボタンを表示をすることができる、j …