Webの記録

IllustratorやinDesignで難しい漢字(フォントで使用出来る異字体)を探す方法

投稿日:

この記事は約 2 分で読めます。

今までIllustratorやInDesignを使って難しい漢字(フォントで使用出来る異字体)を入力する時、そのソフトの中ですぐに変換出来る方法が分からず困った事があります。

例えば、「ワタナベ」さんの「ナベ」の字だったり、崎の異字体で「﨑」だったり・・・。
IllustratorやInDesignの中ですぐに変換出来なかった場合、方法を知らなかったので別のソフトを使ってコピペしたりして、かなり効率が悪かったです。(私が知らなかっただけですが・・・)

IllustratorやInDesignの中で異字体(フォントで使用出来る字形)に変換出来る方法が分かったので、こっそりメモです。
※私が試した方法はCS4なので、CS4の画面でメモします。

変換する方法

例えば「ワタナベ」さんの難しい「ナベ」を出したいとして・・・。
変換で出てくる簡単な「渡辺」を出して、「辺」の字を選択した状態にしたまま、「ウィンドウ」メニューから「書式」→「字形」をクリックします

「字形」画面の中で「表示」の部分を「現在の選択文字の異字体」と選択します。

変換候補(フォントで使用出来る字形)が出てくるので、変換した文字を見つけてクリックします。
すると、最初に変換した簡単な漢字がちゃんと難しい漢字(異字体)に変換されます!

今まで、IllustratorやInDesignの中で一発で変換出来なかった難しい漢字を、別のソフト(エディタソフトや、Windowsの「IMEパッド」)で出してコピペしていたんです。

ソフトの機能でちゃんとあるって知っていれば、まわりくどい方法をとらなくても良かったんですね~。
・・・ってコトで、教訓のメモでした!

-Webの記録
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

関連記事

no image

「ページ内リンクはするするスクロール」にチャレンジ!!

今日は・・・、「ページ内リンク」でちょっとイイカンジにスクロールするjQueryにチャレンジです。
ページ内リンクをそのまましても(javaScriptなし)出来ますが、そのままだといきなり戻り先に到着してしまってびっくりするので、「yuga.js」でするするという動きをつけてみました。

no image

WordPress 「IE6 No More」プラグインでアラートを表示させてみた。

この記事は約 1 分で読めます。 IE6ブラウザで見た時だけ、バージョンアップを案内する表示をさせたいと思います。 幾つかWordpressのプラグインで見つけたのですが、表示が上手くいかないものもあ …

no image

Google Analytics始めてみた。

この記事は約 2 分で読めます。前々からアクセス解析は少し興味あって・・・。 「FC2」とか、「NINJA TOOLS」のアクセス解析を利用していたのですが、前々から気になっていた「Google An …

no image

WordPressプラグイン「Simple Map」でスマホ対応GoogleMapを簡単設置。

この記事は約 1 分で読めます。 GoogleMapは、いろいろとお世話になっています。ただスマホで時々面倒だと思うのが、スクロールしていてGoogleMapに何気に指が触れてしまった時。 画面の横幅 …

no image

JavaScriptオンオフの設定と確認。

この記事は約 2 分で読めます。 最近「jQuery」が面白くていろいろ試していますが、JacaScriptがオフ環境ではあんまり意味のないモノになっています。 全くWebの知識がない人にとって、Ja …