Webの記録

IllustratorやinDesignで難しい漢字(フォントで使用出来る異字体)を探す方法

投稿日:

この記事は約 2 分で読めます。

今までIllustratorやInDesignを使って難しい漢字(フォントで使用出来る異字体)を入力する時、そのソフトの中ですぐに変換出来る方法が分からず困った事があります。

例えば、「ワタナベ」さんの「ナベ」の字だったり、崎の異字体で「﨑」だったり・・・。
IllustratorやInDesignの中ですぐに変換出来なかった場合、方法を知らなかったので別のソフトを使ってコピペしたりして、かなり効率が悪かったです。(私が知らなかっただけですが・・・)

IllustratorやInDesignの中で異字体(フォントで使用出来る字形)に変換出来る方法が分かったので、こっそりメモです。
※私が試した方法はCS4なので、CS4の画面でメモします。

変換する方法

例えば「ワタナベ」さんの難しい「ナベ」を出したいとして・・・。
変換で出てくる簡単な「渡辺」を出して、「辺」の字を選択した状態にしたまま、「ウィンドウ」メニューから「書式」→「字形」をクリックします

「字形」画面の中で「表示」の部分を「現在の選択文字の異字体」と選択します。

変換候補(フォントで使用出来る字形)が出てくるので、変換した文字を見つけてクリックします。
すると、最初に変換した簡単な漢字がちゃんと難しい漢字(異字体)に変換されます!

今まで、IllustratorやInDesignの中で一発で変換出来なかった難しい漢字を、別のソフト(エディタソフトや、Windowsの「IMEパッド」)で出してコピペしていたんです。

ソフトの機能でちゃんとあるって知っていれば、まわりくどい方法をとらなくても良かったんですね~。
・・・ってコトで、教訓のメモでした!

-Webの記録
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

関連記事

no image

透明画像を置いて画像をコピーガードする。

この記事は約 2 分で読めます。 今回は画像の上に透明画像を置く事で元の画像を右クリックで保存出来ないようにするテクニックです。 まずは、デモ画面を見て頂きましょうか・・・。 【2016.6.2】一部 …

no image

WordPress カスタムフィールドを使ってみる

この記事は約 1 分で読めます。 WordPressの便利な機能のひとつ「カスタムフィールド」に今回チャレンジします♪ 「カスタムフィールド」は、記事本文とは別に項目を独自で作って表示するものです。

no image

WordPress記事中の文章をコピーしたら管理者にお知らせしてくれるプラグイン「Check Copy Contents(CCC)」を試してみた

この記事は約 2 分で読めます。 私の過去記事で人気なのが、「画像のコピーガード」。画像を盗用されることに対して対策を打ちたい方がたくさんいらっしゃるのでしょう。 もしこれが記事中の文章においても、コ …

no image

Creative Cloud デスクトップアプリケーションが何も表示しなくなったとき

この記事は約 1 分で読めます。 Adobe Creative Cloudを使用していて、ディスクトップから起動させようとすると、画面が真っ白になってしまいました。 それぞれ単体のソフト(Photos …

モバイル フレンドリー テストで合格しているのに、「スマホ対応」ラベルが付かない時

この記事は約 1 分で読めます。 スマホで検索していると「スマホ対応」と表示されるようになって、しばらく経ちました。 検索している時の順位も、「スマホ対応」と表示されてないページより、表示されているペ …