Webの記録

Google Analyticsでユーザーの「年齢・性別・興味」を知るには?

投稿日:

この記事は約 5 分で読めます。

昨年10月に追加されたGoogle Analyticsの「ユーザー属性・インタレストカテゴリ」。

サイトに訪問したユーザーの「年齢・性別・興味」が分かるようになりました。

ただそのためには、今まで設定していたGoogle Analyticsのトラッキングコードを1行だけ修正しないといけません。(とても簡単です!)

いろいろググっていたものの、なかなか個人のブログで設定変更をしてなかったので、慌てて年末年始の間にやりました。

今回は、設定メモです。

設定方法

1.トラッキングコードの修正方法

Google Analyticsの管理画面を開いて、「ユーザー」>「ユーザー分布」>「サマリー」をクリックをすると以下のような画面が出ます。

「有効化」の青いボタンを押します。

Google Analyticsの設定

出てきた画面の文章の中の「こちら」と書かれているリンクの部分をクリックします。

Google Analytics設定

思わず下にある「トラッキングコードを確認」の青いボタンを押してしまいましたが、この段階では意味がありませんでした。

出てきた説明のページのコードのサンプル(トラッキングコード修正前)

<script type="text/javascript">
var _gaq = _gaq || [];
_gaq.push(['_setAccount', 'UA-xxxxx-y']);
_gaq.push(['_trackPageview']);
(function() {
var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true; 

ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js';

var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
})();
</script>

修正後のトラッキングコード(以下の7行目が修正箇所です)

<script type="text/javascript">
var _gaq = _gaq || [];
_gaq.push(['_setAccount', 'UA-xxxxx-y']);
_gaq.push(['_trackPageview']);
(function() {
var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true; 

ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://' : 'http://') + 'stats.g.doubleclick.net/dc.js';

var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
})();
</script>

サンプルコードの7行目を貼り替えればOKです。

先ほどの画面の「トラッキングコードを確認」の青いボタンを押して、完了画面が出たら設定終了です♪

Google Analytics設定

レポートの見え方

設定した後の分からしかレポートに反映されません。
設定して反映されるまで時間がかかるので、しばらく放置した後の画面例は以下です。

「ユーザー」>「ユーザー分布」>「サマリー」の画面

ユーザー」>「ユーザー分布」>「サマリー」の画面

「ユーザー」>「ユーザー分布」>「年齢」の画面

「ユーザー」>「ユーザー分布」>「年齢」の画面

「ユーザー」>「ユーザー分布」>「性別」の画面

「ユーザー」>「ユーザー分布」>「性別」の画面

「ユーザー」> 「インタレストカテゴリ」> 「サマリー」の画面

「ユーザー」> 「インタレストカテゴリ」> 「サマリー」の画面

「ユーザー」> 「インタレストカテゴリ」> 「アフィニティカテゴリ」の画面

「ユーザー」> 「インタレストカテゴリ」> 「アフィニティカテゴリ」の画面

「ユーザー」> 「インタレストカテゴリ」> 「購入意向の強いセグメント」の画面

「ユーザー」> 「インタレストカテゴリ」> 「購入意向の強いセグメント」の画面

「ユーザー」> 「インタレストカテゴリ」> 「他のカテゴリ」の画面

「ユーザー」> 「インタレストカテゴリ」> 「他のカテゴリ」の画面

設定してみて

不定期更新で商売を目的にしていない、私の個人ブログでの結果は、あまり参考にならないと思いますが・・・数日見た結果は以下の通りでした。

  • 年齢は、25~34歳が多い
  • 性別は、男性が多い
  • 興味は、Technophilesが多い

・・・という結果でした。物凄く偏ってる?!

しかしこういう項目が見られると、ウェブ解析上でとても施策をするのに便利な気がしました!

Google Analyticsの「ユーザー属性・インタレストカテゴリ」の仕組みが気になる。。。

簡単にユーザーの属性などを知る事が出来たのですが、どうやってこのデータをとっているのか気になります。。。

参考になったのが以下のサイトでした。

どうやらCookieを使ってこのユーザーがアクセスするサイトのから判断されているようで、正確なデータというワケではなさそうです。

参考として、見ていくのが良さそうですね!

-Webの記録
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

関連記事

no image

ブラウザ別キャッシュクリア(一時ファイルの消去)の方法♪

この記事は約 1 分で読めます。 以前、Webサイトの更新作業をした後に、お客様から「前と表示が変わってない」と言われたことがあります。 キャッシュという、一度表示したページを早く表示するために一時フ …

WordPressが勝手に挿入する「pタグ」を自動挿入させない方法

この記事は約 1 分で読めます。 WordPressには「auto paragraph」という、自動でpタグを挿入してくれる機能があります。 そのため、意図しない見た目になってしまうことが、時々起きて …

no image

WordPressのコメント欄にオリジナルアバター画像を表示させてみた♪

この記事は約 1 分で読めます。 WordPressで投稿されたコメント欄で、よくデフォルトの「ミステリーマン」を見掛けます。 何となくそのままでは面白くないので、今回はオリジナルアバターを作って表示 …

WordPressのウィジェットに表示した「タグクラウド」をカスタマイズしてみる

この記事は約 2 分で読めます。 WordPressのタグクラウドを表示させる方法として、「ウィジェットに表示させる方法」と、「オリジナルのsidebar.phpにテンプレートタグを記述させる方法」と …

no image

WebサイトのURLを変更した後 .htaccessの記述して新しいURLに転送してみる

この記事は約 2 分で読めます。 ずっと運営していたサイトのURLを都合により変更(ファイルを移動)させてしまった時、ブックマークから訪問してくれた人が困らないように新しいURLへ転送する事が必要にな …