Webの記録

X SERVERにa-blog cmsをインストールしてみた。

投稿日:

この記事は約 5 分で読めます。

a-blog cms

先日「「AMPPS」にa-blog cmsのローカル環境を作ってみる」でローカル環境にa-blog cmsをインストールしてみました。

今回、a-blog cmsの勉強会に参加して「Web制作会社向け 特別ライセンス ライセンス(license.php)」を頂けたので、早速実際のサーバーにインストールしてみます!
(インストールに使ったサーバーは、X SERVERです。)

【注意】2014.8現在にインストールした内容ですので、この記事が古くなると多少変わっている部分が出てくるかもしれません。

ローカル環境にインストールするのとほぼ同じ事をするのですが、サーバー環境によって違う部分が戸惑います。
X SERVERの場合ってコトで、ここにメモします!

a-blog cmsインストールの下準備

  1. a-blog cms」のダウンロードページより、a-blog cms本体をダウンロードする
  2. ionCube ローダーをダウンロードする
  3. データベースの準備
1.a-blog cms本体をダウンロードする

「a-blog cms」のダウンロードページより「新規インストール版」をクリック
【a-blog cmsダウンロードページ】http://developer.a-blogcms.jp/download/

ablog2

必要なものは、「acms2102_install」フォルダー内の「ablogcms」フォルダーの中身一式です。

2.ionCube ローダーのダウンロード

ionCubeローダー」という暗号化ツールが必要になります。
サーバーによっては既にインストールされている場合もあるようですが、X SERVERは自分で入れないといけないようなので、ダウンロードします。

暗号化ソフト – ionCube PHP Encoder | アシアル株式会社

ablog-ionCube_mini

サーバーによってダウンロードする分が違うようなので、サーバー仕様を確かめておいてください。X SERVERは2014年8月現在では、「Linux(64bits)」でした。

3.データベースの準備

データベースを作成しなくてはいけません。X SERVERの場合は、X SERVERのマニュアル「データベースについて」のページを参考に作成すると大丈夫です。

xserverデータベース作成

a-blog cmsをX SERVERにインストール手順

  1. a-blog cms本体をFTPでアップロードする
  2. license.phpをFTPでアップロードする
  3. ionCube ローダーをFTPでアップロードする
  4. 「htaccess.txt」を「.htaccess」に書き換え
  5. ionCube Loader Wizard にアクセス
  6. a-blog cms のセットアップ(ローカル環境とほぼ手順一緒!)
1.a-blog cms本体をFTPでアップロードする

X SERVEは、「public_html」以下にファイルをアップロードするようになっていますので、「public_html」以下に任意のフォルダーを作って、下準備1.の「a-blog cms本体」ファイル一式をアップロードしました。

2.license.phpをFTPでアップロードする

上記1.でアップロードした同階層に、「Web制作会社向け 特別ライセンス (license.php)」をアップロードしました。

※ライセンスは状況によって違うと思うので、ここは読み飛ばして頂いて構いません。

3.ionCube ローダーをFTPでアップロードする

上記1.でアップロードした同階層に、下準備2.のionCube ローダーをアップロードします。

4.「htaccess.txt」を「.htaccess」に書き換え

a-blog cms本体に含まれている「htaccess.txt」をFTP上で名前を「.htaccess」に書き換えします。

5.ionCube Loader Wizard にアクセス

実はココが一番手間取りました!

ionCube ローダーのファイル一式の中に「ioncube Loader Wizard」が含まれています。 これはionCube はサーバ側の環境設定を手軽にするものらしいのですが、サーバーにあったionCube ローダーでなかったり、入力を間違えしまったり・・・で私はココが一番手間取りました。。。

まずは、ionCube Loader Wizard にアクセスします。
ブラウザでURLを「インストールしたディレクトリ/ioncube/loader-wizard.php」と入力すると、以下の画像のような画面が出てきます。

ionCube Loader Wizard

共有サーバーなので、「Shared」にチェックを入れると、サーバー名とURLの入力を求められます。これを入れて「Next」ボタンを押します。

エラーが出たら、その指示に従い再び入力し直します。

6.a-blog cms のセットアップ(ローカル環境とほぼ手順一緒!)

「a-blog cms」をインストールしたディレクトリにアクセスすると、a-blog cms をセットアップ画面になります。

※セットアップの詳しい手順は、「「AMPPS」にa-blog cmsのローカル環境を作ってみる」の記事と同じなのでこちらを参考にしてください。(ドメイン名、サーバー名、データベース名、データベースユーザー名、データベースパスワードは設定するサーバーの情報などで入れてください)

a-blog cms ログイン画面

セットアップが終わると、ログイン画面に移動します。これがちゃんと出てきたら、完了です!お疲れ様でした!!

※ログインページのURL [インストールしたディレクトリ]/login/

さて、問題は・・・この後a-blog cmsで何を作るか?です。。。これからボチボチ考えます!

参考にさせて頂いたブログ

-Webの記録
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

関連記事

no image

クリッカプルマップをjQueryでレスポンシブ対応させる方法

この記事は約 1 分で読めます。 滅多に使わないのですが、たま~に「クリッカプルマップ」を使用してコーディングをする事があります。 しかし、「クリッカプルマップ」はレスポンシブで使用してしまうと、リン …

no image

「Wordbooker」を使ってWordPressからFacebookへ自動表示をさせてみた。

この記事は約 1 分で読めます。最近気になっているのは、「Facebook」です。 気になる事は即実行~♪ってコトで、興味半分で早速Facebookに登録です♪ 今回は、WordPressのプラグイン …

WordPressが勝手に挿入する「pタグ」を自動挿入させない方法

この記事は約 1 分で読めます。 WordPressには「auto paragraph」という、自動でpタグを挿入してくれる機能があります。 そのため、意図しない見た目になってしまうことが、時々起きて …

no image

IllustratorとPhotoshopで刺繍風のイラストと文字を作ってみた。

この記事は約 1 分で読めます。布地に刺繍をしたみたいなイラストと文字をIllustratorとPhotoshopで作ってみました。 ※布地素材は既に用意している状態の説明です。

no image

WordPress ローカル環境で作ったサイトの記事を簡単に本番サイトへ移す方法

この記事は約 2 分で読めます。 WordPressでサイト制作をする時。 XAMPPやMANPなどローカル環境で作ったサイトの記事を簡単に本番サイトへ移す方法をメモします。 ※Wordpressは既 …