Webの記録

WordPress the_excerpt()を使った抜粋にチャレンジ

投稿日:

この記事は約 3 分で読めます。

以前、Moreタグを使って「抜粋」を実現しました。

 今回は、「抜粋」をテンプレートタグthe_excerpt()を使って実現する方法にチャレンジしてみました。

※the_excerpt()を使った抜粋表示は、テーマを別のものに変更した場合は新しいテーマの方にもthe_excerpt()を使ってないと抜粋表示されないので、テーマを頻繁に変更する可能性がある時はちょっと面倒かもしれません。。。

変更方法。

the_content()の部分をthe_excerpt()に書き替えます。(前回「続きを読む」に書き換えた箇所と同じ部分)
テーマによっていじるファイルが違います。
私の今現在有効化しているテーマ 「Coraline」では、「loop.php」をいじりました。

ここまでで、保存してプレビューすると・・・。
今まで投稿した記事が、全部「抜粋」表示に変更されています。
この状態では、全て記事の最初の文章が抜粋表示をされていて、自分で見せたい部分を自由に見せる事が出来ない状態になっているので、ここで手を少し加えます。

抜粋文を自分で設定したい場合。

それぞれの記事の投稿画面を開いて、記事を入力する画面のすぐ下に「抜粋」という入力画面があるので、ココに抜粋で表示したい文章を入力します。

ただし、ココに入力出来る文章は2文程度なので短い文章でなくてはいけません。
画像も含める事が出来ません。

抜粋文章 以外は通常の投稿と同じように入力します。

この後、保存させてプレビューすると・・・。
抜粋表示させたい文章のみを表示させる事が出来ました。

一気に複数の記事を抜粋の設定に出来る事、一度テンプレートタグの修正をしておくと次からは「抜粋」入力を自分ですると見せたい文章のみを見せる事が出来る利点があります。
ただ、あまり長い文章は入らない事と画像を含める事が出来ない事が難点。
前回試した「Moreタグ」とどちらが良いかは、どう見せたいか?によるのですが、どっちもどっちなのかな?と思ったのでした。。。
ひとまず、今回の分を試してみて・・・私は「Moreタグ」を利用しようかな?と思いました。

-Webの記録
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

FileZillaの転送キュー(キーファイル)をクリアする方法

この記事は約 1 分で読めます。 Webサイトをサーバーにアップする時、またサーバーにあるファイルをバックアップとる時など、私は「FileZilla(ファイルジラ)」というFTPソフトを利用しています …

no image

Webサイト移転の時に自動的にジャンプする方法

この記事は約 1 分で読めます。 たまたまいじっていたサイトでサーバーを移転する事になりました。 そんなワケで、ちょこっとメモ。 今回、独自ドメインをとっていなかった為、URLが変わります。 その場合 …

no image

画像最適化に便利な4つのツール

この記事は約 1 分で読めます。スマホを意識したWebページを作っていると、避けて通れない「画像最適化」。 昨年あたりから少しずつ使っていますが、見た目は変わらないのに軽量になるから不思議です! 私が …

no image

MacでもWindowsでもOKな「AMPPS」でローカル環境を作ってみる

この記事は約 1 分で読めます。 以前、ローカル環境では「XAMMP」と「MAMP」の環境を作ってみました。 今回は、MacでもWindowsでも使える「AMPPS」でローカル環境を作ってみました。 …

no image

X SERVERにa-blog cmsをインストールしてみた。

この記事は約 1 分で読めます。 先日「「AMPPS」にa-blog cmsのローカル環境を作ってみる」でローカル環境にa-blog cmsをインストールしてみました。 今回、a-blog cmsの勉 …