Webの記録

WordPressが勝手に挿入する「pタグ」を自動挿入させない方法

投稿日:2015年8月13日 更新日:

この記事は約 3 分で読めます。

keybord_img_mini
WordPressには「auto paragraph」という、自動でpタグを挿入してくれる機能があります。
そのため、意図しない見た目になってしまうことが、時々起きてしまいます。
これを防ぐ方法を試してみましたので、メモします。



3つの方法

  1. functions.phpに記述する方法
  2. page.phpやsingle.phpなど、特定のファイルで記述する方法
  3. プラグイン「PS Disable Auto Formatting」を使う方法


1.functions.phpに記述する方法

functions.phpに以下を記述します。

<?php remove_filter ('the_content', 'wpautop'); ?>
<?php remove_filter( 'the_excerpt', 'wpautop' ); ?>


2.page.phpやsingle.phpなど、特定のファイルで記述する方法

the_contentの前に以下を記述するだけです。

<?php remove_filter ('the_content', 'wpautop'); ?>


3.プラグイン「PS Disable Auto Formatting」を使う方法

phpファイルに直接記述が心配な場合や、過去記事がたくさんある場合は、プラグインに頼る方法もあります。
作者が日本の方なので、日本語で解説もあり安心です!
PS Disable Auto Formatting
管理画面「プラグイン」→「新規追加」から「PS Disable Auto Formatting」を検索して、有効化します。
すると、管理画面の左メニュー「設定」の中に「自動整型」という項目が表示されるようになります。
PS Disable Auto Formatting


「自動整型」をクリックすると、設定画面が出てきます。お好みで設定します。
PS Disable Auto Formatting_setting


【ビジュアルエディタで入力する場合に知っていると便利】
「pタグ挿入」は「Enter」、「brタグ挿入」は「Shift」+「Enter」です。


【プラグイン作者サイト】
Prime Strategyさま
※サイト後半に日本語で解説があります。


意外にさくっと簡単に「pタグ」を自動挿入させない方法を実現できました。
3つのうち、どれかを試すと良いかもしれません。
参考にCodex日本語版「関数リファレンス/wpautop」もチェックしてみてください。

-Webの記録
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

関連記事

no image

WordPressプラグイン「WP-Copyright-Protection」で右クリック・ドラック禁止でコピーガード

この記事は約 1 分で読めます。 以前、「右クリック禁止で画像のコピーガード」など、画像のお持ち帰りを禁止したい措置について記事を書きました。 3年ほど前の記事にもかかわらず、今も毎日閲覧数が多いです …

no image

WordPress 新着記事に「New!」表示をつけたい時

この記事は約 1 分で読めます。 以前、「WordPress 新着記事のタイトルを表示する方法。」を試してみましたが、記事タイトルの横に「NEW!」などの文字やアイコンを表示していませんでした。 表示 …

no image

XAMPP(Bitnami)で簡単にWordPressローカル環境を構築してみた。(for Windows)

この記事は約 1 分で読めます。 以前、「WordPressテスト環境をXAMPPで作ってみた♪ for Windows」でWindowsにXAMMPでローカル環境を作ってWordPressを入れてみ …

no image

scroller.jsで「するするスクロール」にチャレンジ♪

この記事は約 1 分で読めます。以前、yuga.jsを使ってページ内リンクを「するするスクロール」にチャレンジしました。 今回は、scroller.jsを使って同じような事をやってみたいと思います。 …

no image

Facebookページで「30いいね!」を獲得したら出てくる「インサイト」画面。

この記事は約 1 分で読めます。 ゆるゆると更新していたFacebookページ。 ようやく「いいね!」の数が30を超えました。 すると、今まで見る事が出来なかった「インサイト」という項目が表示されるよ …