Webの記録

WordPress 「Contact Form7」でエラーメッセージが出たときに確認したこと

投稿日:2016年5月2日 更新日:

この記事は約 3 分で読めます。

contactform7
「Contact Form7 4.4」をバージョンアップした途端、エラーメッセージが出るようになりました。
エラーメッセージが出たことで、再度設定を見直すキッカケができました。
「コンタクトフォームの編集」画面の「メール」設定タブの入力を、個人的にメモします。



こんなエラーメッセージが、急に出るようになってビックリしました。
早速、エラーの原因を探してみます!
contactform7_441

「メール」設定

「コンタクトフォームの編集」画面の「メール」というタブを開きます。
「サイト運営者」へのメールと、お問い合わせ後の自動返信メールの両方を、今回設定見直します。

サイト運営者へのメール設定

お問い合わせを受信するメールアドレスは、サイトドメインと同じでないとエラーメッセージが出ます。
「追加ヘッダー項目」は無くても大丈夫ですが、「題名」は空欄にならないようにします。
メール本文で、メールタグを使う場合は「Contact Form7」公式ページを参照ください。
contactform7_442

【メールの送信先項目入力例】

john@example.com


【メールの送信元項目の入力例】

//メールアドレスのみ
john@example.com

もしくは・・・

//名前とメールアドレス
John Smith <john@example.com>


自動返信メール設定

お問い合わせをされた方に自動返信をするメールの設定です。

メール(2)にチェックを入れた状態で、入力していきます。

ここでも、お問い合わせを受信するメールアドレスは、サイトドメインと同じでないとエラーメッセージが出ます。(メールアドレス部分は上記と同様の入力方法です)
contactform7_443


ひとまず、ここまでで確認するとエラーメッセージが消えました!!

今まで問題なくお問い合わせメールが来ていたので、気にしてませんでしたが・・・。
メールアドレスがサイトドメインと違うものだったこと、微妙に入力の仕方がまずかったことがエラーの原因だと分かりました。
・・・メールアドレス、やっぱりサイトドメインと違うと警戒しますよね。。。

本文の部分も、構文ミスがないよう気を付けて・・・もう少し丁寧に入力し直しする予定です。



【参考サイト】設定エラーを解消する|Contact Form7 公式サイト
【サンクスページの設定】WordPress 「Contact Form7」で送信完了画面と自動送信メールを試してみた

-Webの記録
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

関連記事

no image

WordPress 子テーマを作ってみた。

この記事は約 1 分で読めます。 WordPressで公開されているテーマを自分なりにカスタマイズしたいとき、2通りの方法があると思います。 1つ目は直接テーマをいじる方法。2つ目は、「子テーマ」を作 …

no image

Evernote Site Memoryボタンを付けてみた♪

この記事は約 1 分で読めます。日頃、いろいろな情報をEvernoteにまとめています。 使い始めるとホントに便利で、無くてはならない存在になっています。 ・・・で、Evernoteで便利な方法はない …

no image

スマートフォン用サイトで、タップで電話をかけさせたい時

この記事は約 1 分で読めます。 スマートフォン用のサイトで、必要になったのでメモ。 ボタンをタップした時に電話をかけさせたい時の記述と、郵便番号などの数字を電話番号と間違えて勝手に電話番号のリンクが …

no image

WordPress お問い合せフォームプラグイン「Trust Form」を試してみた♪

この記事は約 1 分で読めます。 今回は、WordPressのお問い合せフォーム用プラグイン「Trust Form」を試してみました。 ・・・と言っても、まだローカル環境でのテスト操作なので全ての実験 …

no image

WordPressでオリジナルテーマ作りにチャレンジ8【トップページ編】

この記事は約 1 分で読めます。 今回、WordPressのオリジナルテーマ作りにチャレンジしました。 ブログサイトならトップページを特別に作る必要はないのかもしれませんが、通常のサイト「index. …