Webの記録

WordPress 「Contact Form7」でエラーメッセージが出たときに確認したこと

投稿日:2016年5月2日 更新日:

この記事は約 3 分で読めます。

contactform7
「Contact Form7 4.4」をバージョンアップした途端、エラーメッセージが出るようになりました。
エラーメッセージが出たことで、再度設定を見直すキッカケができました。
「コンタクトフォームの編集」画面の「メール」設定タブの入力を、個人的にメモします。



こんなエラーメッセージが、急に出るようになってビックリしました。
早速、エラーの原因を探してみます!
contactform7_441

「メール」設定

「コンタクトフォームの編集」画面の「メール」というタブを開きます。
「サイト運営者」へのメールと、お問い合わせ後の自動返信メールの両方を、今回設定見直します。

サイト運営者へのメール設定

お問い合わせを受信するメールアドレスは、サイトドメインと同じでないとエラーメッセージが出ます。
「追加ヘッダー項目」は無くても大丈夫ですが、「題名」は空欄にならないようにします。
メール本文で、メールタグを使う場合は「Contact Form7」公式ページを参照ください。
contactform7_442

【メールの送信先項目入力例】

john@example.com


【メールの送信元項目の入力例】

//メールアドレスのみ
john@example.com

もしくは・・・

//名前とメールアドレス
John Smith <john@example.com>


自動返信メール設定

お問い合わせをされた方に自動返信をするメールの設定です。

メール(2)にチェックを入れた状態で、入力していきます。

ここでも、お問い合わせを受信するメールアドレスは、サイトドメインと同じでないとエラーメッセージが出ます。(メールアドレス部分は上記と同様の入力方法です)
contactform7_443


ひとまず、ここまでで確認するとエラーメッセージが消えました!!

今まで問題なくお問い合わせメールが来ていたので、気にしてませんでしたが・・・。
メールアドレスがサイトドメインと違うものだったこと、微妙に入力の仕方がまずかったことがエラーの原因だと分かりました。
・・・メールアドレス、やっぱりサイトドメインと違うと警戒しますよね。。。

本文の部分も、構文ミスがないよう気を付けて・・・もう少し丁寧に入力し直しする予定です。



【参考サイト】設定エラーを解消する|Contact Form7 公式サイト
【サンクスページの設定】WordPress 「Contact Form7」で送信完了画面と自動送信メールを試してみた

-Webの記録
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

関連記事

no image

日本語文章校正ツールを使ってみた。

この記事は約 1 分で読めます。 今回は、Yahoo!Japan校正支援Webサービスを利用した校正支援ツールを試してみました。 誰かに伝える文章を書く時に使えそうな、Webツール「日本語文章校正ツー …

no image

Webフォント「Google Web Fonts」を使ってみた

この記事は約 1 分で読めます。 だんだんと古いブラウザに対応しなくてよくなってくると、以前は画像だけで対応していたものがcss3などを利用できるようになってきます。 Webフォントもcss3の技術。 …

no image

thickbox.jsを使ってLightBox風モーダルウィンドウにチャレンジ♪

この記事は約 1 分で読めます。今回も、数枚の画像を効果的に見せる方法にチャレンジしたいと思います。 ・・・で、画像をクリックすると大きな画像を表示させることが出来るLightBox風にしたいなぁって …

no image

WordPress ナゾのスマイルマーク

この記事は約 1 分で読めます。 あんまり気にしてなかったんだけれど、フッターの下にとても小さなナゾのスマイルマークがありました。 今回、オリジナルテーマを作成していて・・・何となくフッターの下にのぞ …

no image

iPad・iPhoneでレイアウトが崩れた時に試してみたこと

この記事は約 1 分で読めます。 今まではWebサイト制作は、PCでの表示だけを意識して作っていたのですが、最近iPadやiPhone・Androidでのアクセスが増えて、お仕事の依頼もPCだけでなく …