Webの記録

『WordPress閲覧しているページが使用しているテンプレートがひと目でわかる!』便利プラグイン「Show Current Template」

投稿日:

この記事は約 2 分で読めます。

WordPressのテンプレートを制作・カスタマイズをしていて、「表示しているページがどのテンプレートを読んでるんだろう」と思ったことはないですか?

「Show Current Template」というプラグインを使うとひと目で読み込んでいるテンプレート(パスやインクルードされたテンプレートが複数ある場合はその情報も)がバッチリわかります。

何時間も探っているより、一瞬でわかるこのプラグインを使った方が時間短縮できて便利だったので、ここにメモします。



目次

  1. 設定方法
  2. カンタンな使い方説明


設定方法

プラグイン「Show Current Template」をダウンロードして、有効化します。

上部に「ツールバー」を表示するように設定します。ダッシュボードで「ユーザ」→「あなたのプロフィール」を表示します。
『ツールバー 「サイトを見るときにツールバーを表示する」』にチェックを入れて、「プロフィールを更新」ボタンをクリックすれば、下準備OKです。



カンタンな使い方説明

ツールバーが表示しているページ上部に出るようになりました。
調べたいページを閲覧すると、ツールバーに適用されているテンプレート(○○.php)などが表示されるようになりました。

この部分をクリックすると、テーマの相対パスやインクルードされたテンプレートが全てひと目でわかるようになりました。



とっても簡単!すぐにわかるので、便利なプラグインです!

【プラグイン公式ページ】Show Current Template|WordPress.ORG日本語プラグインディレクトリ


-Webの記録
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

関連記事

no image

IE6で透過pngを表示してみました♪

この記事は約 1 分で読めます。IE6対策をいつまですれば良いのかなぁというところですが、まだもう少しIE6を意識してサイトを作ってます。 今回は、IE6ではキレイに表示されない透過pngをキレイに表 …

no image

WordPress カスタムフィールドを使ってみる

この記事は約 1 分で読めます。 WordPressの便利な機能のひとつ「カスタムフィールド」に今回チャレンジします♪ 「カスタムフィールド」は、記事本文とは別に項目を独自で作って表示するものです。

no image

IllustratorとPhotoshopで刺繍風のイラストと文字を作ってみた。

この記事は約 1 分で読めます。布地に刺繍をしたみたいなイラストと文字をIllustratorとPhotoshopで作ってみました。 ※布地素材は既に用意している状態の説明です。

no image

WordPressのコメント欄にオリジナルアバター画像を表示させてみた♪

この記事は約 1 分で読めます。 WordPressで投稿されたコメント欄で、よくデフォルトの「ミステリーマン」を見掛けます。 何となくそのままでは面白くないので、今回はオリジナルアバターを作って表示 …

no image

WordPress 新着記事のタイトルを表示する方法。

この記事は約 1 分で読めます。 WordPressのテンプレートタグ、いろいろあって奥が深いです。 今回は、トップページやサイドバーに「新着記事のタイトル」を数件表示したりする時に使いたいなぁと思っ …