Webの記録

『WordPress閲覧しているページが使用しているテンプレートがひと目でわかる!』便利プラグイン「Show Current Template」

投稿日:

この記事は約 2 分で読めます。

WordPressのテンプレートを制作・カスタマイズをしていて、「表示しているページがどのテンプレートを読んでるんだろう」と思ったことはないですか?

「Show Current Template」というプラグインを使うとひと目で読み込んでいるテンプレート(パスやインクルードされたテンプレートが複数ある場合はその情報も)がバッチリわかります。

何時間も探っているより、一瞬でわかるこのプラグインを使った方が時間短縮できて便利だったので、ここにメモします。



目次

  1. 設定方法
  2. カンタンな使い方説明


設定方法

プラグイン「Show Current Template」をダウンロードして、有効化します。

上部に「ツールバー」を表示するように設定します。ダッシュボードで「ユーザ」→「あなたのプロフィール」を表示します。
『ツールバー 「サイトを見るときにツールバーを表示する」』にチェックを入れて、「プロフィールを更新」ボタンをクリックすれば、下準備OKです。



カンタンな使い方説明

ツールバーが表示しているページ上部に出るようになりました。
調べたいページを閲覧すると、ツールバーに適用されているテンプレート(○○.php)などが表示されるようになりました。

この部分をクリックすると、テーマの相対パスやインクルードされたテンプレートが全てひと目でわかるようになりました。



とっても簡単!すぐにわかるので、便利なプラグインです!

【プラグイン公式ページ】Show Current Template|WordPress.ORG日本語プラグインディレクトリ


-Webの記録
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

関連記事

no image

WordPressのオベンキョウ①

WordPressで、自分のサイトを作る事にしました。

no image

レスポンシブに便利!様々な端末サイズでの見え方を確認できる「Viewport Resizer」

この記事は約 1 分で読めます。 レスポンシブサイトを制作途中、いろんな端末サイズでちょっと見え方を確認をします。 最終的にはやっぱり実機での確認なんですが・・・コーディング途中ではやっぱり手軽に確認 …

no image

サイトのどこを見られているかを可視化出来る「User Heat」を試してみた♪

この記事は約 1 分で読めます。 「GoogleAnalytics」など様々なアクセス解析ツールがあります。 その中でとても興味深く、これからサイトを制作するのに役立ちそうな「User Heat」とい …

no image

lang属性に指定できる言語コード

この記事は約 1 分で読めます。 忘れた頃に海外向けの小規模な案件で、外国語のページ制作のお話があったりします。 そんな時に「lang属性に指定できる言語コード」を毎回調べるのが面倒なので、自分用のメ …

no image

パンくずリストをGoogleの検索結果ページで表示させる方法

この記事は約 1 分で読めます。 Googleで検索をした時に、検索結果でサイトタイトルの下にパンくずリストが表示されているのを見かけたことはありませんか? 最近妙に気になって・・・(今頃?!)、私も …