Webの記録

WordPressプラグイン「PhotoDropper」でフリー画像を記事にラクラク挿入♪

投稿日:

この記事は約 5 分で読めます。

文字だらけの記事。ちょっと読むのがツライですね。。。
でも、イメージ画像がナイ!そんな時に使えそうなプラグインを探してみました。

画像をアップロードしたり、ソースコード記述したり、著作権を気にしたり・・・という事がなく、ラクラク挿入が出来る便利なプラグイン。あるんですね~♪

WordPressプラグイン「PhotoDropper」です。

使ってみて便利なプラグインだったので、メモです♪

特徴

  • Flickrの画像を使用
  • 掲載許可のある画像だけが、選択出来る画像として表示されるので、著作権を気にせずに済む。
  • 著作権のクレジットが選択した画像と一緒に自動で挿入される。
  • 画像を選択するだけでアップロードもソースコード記述もせずに、自動で書き出しされる。

設置・設定方法

WordPressのプラグイン「新規追加」から「PhotoDropper」を検索し、ダウンロードして有効化します。

設定画面

ダッシュボードの画面から「設定」→「PhotoDropper」をクリックすると設定画面が出てきます。

PhotoDropperの設定画面

「Pages」の「Images per page」は、画像を選択する時に1度に表示される画像の数です。デフォルトは「5」です。

「Show only photos that can be used commercially」は、商用利用可の画像のみを表示する場合にチェックを入れます。

「Code Wrapping」は、自動挿入される画像の外側に置かれるdivの設定です。
「Insert Before」は画像の前に挿入されるコード。「Insert After」は画像の後に挿入されるコードとなります。

//Insert Beforeに入れるコード例。""は自動で挿入されるのでここでは入れない。
<div class=flickrphoto>

//Insert Beforeに入れるコード例。
</div>

使用方法

PhotoDropperを使うボタン

記事の投稿画面を開いたら、通常画像をアップロードするボタンの横に「PhotoDropper」用のボタンが表示されています。
このボタンをクリックします。

画像の選択画面イメージ

検索したい画像のキーワードを入れて「Search」ボタンを押すと、キーワードに合った画像が出てきます。画像の下のサイズを選んでクリックすると、自動投稿されます。

//挿入された画像のソースコードの例
<div class="flickrphoto">
 <a href="http://www.flickr.com/photos/47823583@N03/5445336475/" title="Smoochies" target="_blank">
  <img src="http://farm5.static.flickr.com/4120/5445336475_623432f7bd_m.jpg" alt="Smoochies" border="0" />
 </a>
 <br />
 <small>
  <a href="http://creativecommons.org/licenses/by/2.0/" title="Attribution License" target="_blank">
   <img src="http://localhost/wordpress/wp-content/plugins/photo-dropper/images/cc.png" alt="Creative Commons License" border="0" width="16" height="16" align="absmiddle" />
  </a>
  <a href="http://www.photodropper.com/photos/" target="_blank">photo
  </a>
  credit: <a href="http://www.flickr.com/photos/47823583@N03/5445336475/" title="Enokson" target="_blank">Enokson</a>
 </small>
</div>

CSSで表示を整えて、ブラウザ表示します。

PhotoDropperを使って画像を挿入したイメージ

簡単に画像と著作権のクレジットも自動で入るので、ホント便利でした♪

検索する時に、日本語だと画像が少ないので英単語で探した方がよさそうです。

自分で画像を用意出来ない時に、利用したいプラグインなのでした♪

-Webの記録
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

サイトのどこを見られているかを可視化出来る「User Heat」を試してみた♪

この記事は約 1 分で読めます。 「GoogleAnalytics」など様々なアクセス解析ツールがあります。 その中でとても興味深く、これからサイトを制作するのに役立ちそうな「User Heat」とい …

no image

検索エンジンに登録する方法。

この記事は約 1 分で読めます。 Webサイトを作った後にするコト。 いくつもあると思うのですが、今回は検索エンジンに登録する方法にチャレンジしたいと思います。 いろいろ方法をググっていたら、「Goo …

no image

WordPress記事中の文章をコピーしたら管理者にお知らせしてくれるプラグイン「Check Copy Contents(CCC)」を試してみた

この記事は約 2 分で読めます。 私の過去記事で人気なのが、「画像のコピーガード」。画像を盗用されることに対して対策を打ちたい方がたくさんいらっしゃるのでしょう。 もしこれが記事中の文章においても、コ …

no image

Evernote Site Memoryボタンを付けてみた♪

この記事は約 1 分で読めます。日頃、いろいろな情報をEvernoteにまとめています。 使い始めるとホントに便利で、無くてはならない存在になっています。 ・・・で、Evernoteで便利な方法はない …

no image

フッターをブラウザの下部に固定する方法

この記事は約 1 分で読めます。 コンテンツが少ない場合、フッターの下に余白が出来てしまいます。 さすがに、ちょっと気になる・・・ってワケで、今回はフッターをブラウザの下部に固定する方法をいろいろ試し …