Webの記録

「AMPPS」にa-blog cmsのローカル環境を作ってみる

投稿日:

この記事は約 4 分で読めます。

ablog1

MacでもWindowsでもOKな「AMPPS」でローカル環境を作ってみる」で作ったローカル環境に国産CMSの「a-blog cms」をインストールしてみたいと思います。

WordPressには随分慣れましたが、「a-blog cms」は初心者です。さてさて、どうなることやら?!

1.「a-blog cms」とは?

まだ私も初心者なので、簡単にしか書けませんが・・・。
特に後半はWordPressとの比較になっちゃいました。。。

  • 国産CMS
  • 名古屋のWeb制作会社(有限会社アップルップル)が開発している
  • Web制作者がサイトを構築する際に使いやすい機能が満載
  • クライアントさんも更新しやすい
  • ドキュメントが日本語なので解かりやすい
  • PHPが分からなくてもHTML/CSSができれば構築できる
  • WordPressのようなオープンソースではないので、ライセンス費用がかかる(無償ライセンスもアリ)
  • WordPressのように書籍が販売されていない。検索で出る情報もWordPressのように豊富ではない
  • WordPressのようなプラグインというものがない。最初から必要なものは含まれている

2.「a-blog cms」をダウンロードする

「a-blog cms」のダウンロードページより「新規インストール版」をクリック
【a-blog cmsダウンロードページ】http://developer.a-blogcms.jp/download/

ablog2

すると以下の画像のようなファイルがダウンロードできました。

ablog3

3.「AMPPS」に「a-blog cms」をインストールする

今回使うのは「ablogcms」のファルダー一式。「ablogcms」の中は以下の画像のとおりです。

ablog4

「ablogcms」のファルダー一式を「AMPPS」の「www」フォルダーの中に全て入れます。
その後、「ablogcms」の中の「htaccess.txt」を「.htaccess」にリネームして、ローカルにアクセスします
※フォルダー名を変更しなかったら、「http://localhost/ablogcms/」です。

ローカルにアクセスが正常にできたら、以下の画像のようなセットアップ画面が出ます。一番下の「動作をチェックを実行する」ボタンを押します。

ablog5_mini

動作環境のチェックが終わったら、一番下に「ドメインの設定に進む」ボタンを押します。

ablog6

ドメインの設定で、既にドメイン名に「localhost」が入っているので、このまま一番下の「ドメインを設定する」ボタンを押して次に進みます。

ablog7_mini

そのまま次に出てきた画面でも一番下の「データベースの設定に進む」ボタンを押します。

ablog8

データベースの設定の入力は以下のとおり入れました。(複数「ablogcms」を入れる時はテーブル先頭文字列を任意のものに変更)

全て入力が終わったら、一番下の「データベースを設定する」を押して次に進みます。

データベースサーバー名 localhost
データベース名 DBablogcms
データベースユーザー名 root
データベースパスワード mysql
テーブル先頭文字列 acms_
データベース文字コード UTF8

ablog9

上記の内容の確認画面がでます。ここも一番下の「テーブルの作成に進む」ボタンを押して次に進みます。

ablog10

次に出てきた画面の一番下の「データベースの作成を実行」ボタンを押して次に進みます。

ablog11

とても長~い画面が出てきましたが、これも一番下の「ブログの設定に進む」ボタンを押して次にそのまま進みます。

ablog12

やっとインストール作業も終盤になってきました。ブログの名称、初期のテーマや、ユーザーに関する情報を入れて、「ブログユーザーを設定する」ボタンを押して次に進みます。

ablog13

設定はこれで最後。一番下のボックスの「setup」をリネームしてオシマイ。

ablog14

ログイン画面に移動します(http://localhost/ablogcms/login/)

ablog15

ログイン後には、選んだテーマのサンプルサイト。全てのインストール作業は完了!これから「a-blog cms」の世界が始まります~♪

ablog16

何も分からないところからのスタートでしたが、参考にさせて頂いたサイトを見ながらすんなりここまでできました!

WordPressとどう違うのか楽しみです♪これからゆっくり「a-blog cms」をいじってみようと思います。

【参考にさせて頂いたサイト】
a-blog cms v2.0RC1をローカルインストールしてみた」|ふわっとブログさま
ampps 2.3を使ってa-blog cmsをローカル環境で動作させる Windows / Mac OS X 共通」|a-blog cms制作者向け情報

-Webの記録
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

WordPressでシンプルな自作SNSボタンを設置してみた

この記事は約 1 分で読めます。 ブログの記事下に、いろんなSNSアイコンをよく見かけます。 このブログにも付けていたのですが、時々ちょっと重たさを感じていたのですが、先日書いた記事「WordPres …

カラーミーショップ無料テンプレート「Bit」のフリーページ表示順を変えてみた

この記事は約 1 分で読めます。 比較的安価でネットショップ初心者でも始められる「カラーミーショップ」。 スマホからのアクセスにも対応できる、シンプルなレスポンシブデザインの無料テンプレート「Bit」 …

『WordPress閲覧しているページが使用しているテンプレートがひと目でわかる!』便利プラグイン「Show Current Template」

この記事は約 1 分で読めます。 WordPressのテンプレートを制作・カスタマイズをしていて、「表示しているページがどのテンプレートを読んでるんだろう」と思ったことはないですか? 「Show Cu …

no image

WordPressテーマエディタをプラグイン「Advanced Code Editor」で見やすく♪

この記事は約 1 分で読めます。 WordPressでオリジナルテーマを作成する時、WordPressのテーマ編集画面のエディタを使用しているのですが・・・ちょっと見辛いなぁと思っていました。 今回何 …

no image

WordPress カスタムフィールドを使ってみる

この記事は約 1 分で読めます。 WordPressの便利な機能のひとつ「カスタムフィールド」に今回チャレンジします♪ 「カスタムフィールド」は、記事本文とは別に項目を独自で作って表示するものです。