Webの記録

X SERVERにa-blog cmsをインストールしてみた。

投稿日:

この記事は約 5 分で読めます。

a-blog cms

先日「「AMPPS」にa-blog cmsのローカル環境を作ってみる」でローカル環境にa-blog cmsをインストールしてみました。

今回、a-blog cmsの勉強会に参加して「Web制作会社向け 特別ライセンス ライセンス(license.php)」を頂けたので、早速実際のサーバーにインストールしてみます!
(インストールに使ったサーバーは、X SERVERです。)

【注意】2014.8現在にインストールした内容ですので、この記事が古くなると多少変わっている部分が出てくるかもしれません。

ローカル環境にインストールするのとほぼ同じ事をするのですが、サーバー環境によって違う部分が戸惑います。
X SERVERの場合ってコトで、ここにメモします!

a-blog cmsインストールの下準備

  1. a-blog cms」のダウンロードページより、a-blog cms本体をダウンロードする
  2. ionCube ローダーをダウンロードする
  3. データベースの準備
1.a-blog cms本体をダウンロードする

「a-blog cms」のダウンロードページより「新規インストール版」をクリック
【a-blog cmsダウンロードページ】http://developer.a-blogcms.jp/download/

ablog2

必要なものは、「acms2102_install」フォルダー内の「ablogcms」フォルダーの中身一式です。

2.ionCube ローダーのダウンロード

ionCubeローダー」という暗号化ツールが必要になります。
サーバーによっては既にインストールされている場合もあるようですが、X SERVERは自分で入れないといけないようなので、ダウンロードします。

暗号化ソフト – ionCube PHP Encoder | アシアル株式会社

ablog-ionCube_mini

サーバーによってダウンロードする分が違うようなので、サーバー仕様を確かめておいてください。X SERVERは2014年8月現在では、「Linux(64bits)」でした。

3.データベースの準備

データベースを作成しなくてはいけません。X SERVERの場合は、X SERVERのマニュアル「データベースについて」のページを参考に作成すると大丈夫です。

xserverデータベース作成

a-blog cmsをX SERVERにインストール手順

  1. a-blog cms本体をFTPでアップロードする
  2. license.phpをFTPでアップロードする
  3. ionCube ローダーをFTPでアップロードする
  4. 「htaccess.txt」を「.htaccess」に書き換え
  5. ionCube Loader Wizard にアクセス
  6. a-blog cms のセットアップ(ローカル環境とほぼ手順一緒!)
1.a-blog cms本体をFTPでアップロードする

X SERVEは、「public_html」以下にファイルをアップロードするようになっていますので、「public_html」以下に任意のフォルダーを作って、下準備1.の「a-blog cms本体」ファイル一式をアップロードしました。

2.license.phpをFTPでアップロードする

上記1.でアップロードした同階層に、「Web制作会社向け 特別ライセンス (license.php)」をアップロードしました。

※ライセンスは状況によって違うと思うので、ここは読み飛ばして頂いて構いません。

3.ionCube ローダーをFTPでアップロードする

上記1.でアップロードした同階層に、下準備2.のionCube ローダーをアップロードします。

4.「htaccess.txt」を「.htaccess」に書き換え

a-blog cms本体に含まれている「htaccess.txt」をFTP上で名前を「.htaccess」に書き換えします。

5.ionCube Loader Wizard にアクセス

実はココが一番手間取りました!

ionCube ローダーのファイル一式の中に「ioncube Loader Wizard」が含まれています。 これはionCube はサーバ側の環境設定を手軽にするものらしいのですが、サーバーにあったionCube ローダーでなかったり、入力を間違えしまったり・・・で私はココが一番手間取りました。。。

まずは、ionCube Loader Wizard にアクセスします。
ブラウザでURLを「インストールしたディレクトリ/ioncube/loader-wizard.php」と入力すると、以下の画像のような画面が出てきます。

ionCube Loader Wizard

共有サーバーなので、「Shared」にチェックを入れると、サーバー名とURLの入力を求められます。これを入れて「Next」ボタンを押します。

エラーが出たら、その指示に従い再び入力し直します。

6.a-blog cms のセットアップ(ローカル環境とほぼ手順一緒!)

「a-blog cms」をインストールしたディレクトリにアクセスすると、a-blog cms をセットアップ画面になります。

※セットアップの詳しい手順は、「「AMPPS」にa-blog cmsのローカル環境を作ってみる」の記事と同じなのでこちらを参考にしてください。(ドメイン名、サーバー名、データベース名、データベースユーザー名、データベースパスワードは設定するサーバーの情報などで入れてください)

a-blog cms ログイン画面

セットアップが終わると、ログイン画面に移動します。これがちゃんと出てきたら、完了です!お疲れ様でした!!

※ログインページのURL [インストールしたディレクトリ]/login/

さて、問題は・・・この後a-blog cmsで何を作るか?です。。。これからボチボチ考えます!

参考にさせて頂いたブログ

-Webの記録
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

Facebookページで「30いいね!」を獲得したら出てくる「インサイト」画面。

この記事は約 1 分で読めます。 ゆるゆると更新していたFacebookページ。 ようやく「いいね!」の数が30を超えました。 すると、今まで見る事が出来なかった「インサイト」という項目が表示されるよ …

no image

WordPress 「contact form 7」と「Akismet」でスパムメール対策をしてみた。

この記事は約 1 分で読めます。 このサイトでは、「お問い合せ」のページに「contact form 7」というプラグインを使用しています。 コメントスパム対策にWordpressにデフォルトで入って …

no image

WordPressのバージョンを消す方法。

この記事は約 1 分で読めます。 WordPressのバージョンによってはセキュリティー的に脆弱性があるようで、いろいろネット検索をしていると表示を消した方が良いと出て来たので消してみたいと思います。 …

no image

気になるブラウザサイズ 集計結果。

この記事は約 2 分で読めます。 最近、Webサイトを作るのにどれ位の幅で作れば良いのかとても迷ってきました。 いろんな方のサイトをいじらせてもらいながら、表示確認をしていて驚く事もしばしば・・・。 …

no image

WordPress.comの便利機能が入ってる 「Jetpack」を試してみた♪

この記事は約 1 分で読めます。 アクセス解析プラグイン「WordPress.com Stats」をずっと使っていました。 他にもアクセス解析の勉強のために使用しているものがあるのですが、一番よく見て …