Webの記録

WordPressが勝手に挿入する「pタグ」を自動挿入させない方法

投稿日:2015年8月13日 更新日:

この記事は約 3 分で読めます。

keybord_img_mini
WordPressには「auto paragraph」という、自動でpタグを挿入してくれる機能があります。
そのため、意図しない見た目になってしまうことが、時々起きてしまいます。
これを防ぐ方法を試してみましたので、メモします。



3つの方法

  1. functions.phpに記述する方法
  2. page.phpやsingle.phpなど、特定のファイルで記述する方法
  3. プラグイン「PS Disable Auto Formatting」を使う方法


1.functions.phpに記述する方法

functions.phpに以下を記述します。

<?php remove_filter ('the_content', 'wpautop'); ?>
<?php remove_filter( 'the_excerpt', 'wpautop' ); ?>


2.page.phpやsingle.phpなど、特定のファイルで記述する方法

the_contentの前に以下を記述するだけです。

<?php remove_filter ('the_content', 'wpautop'); ?>


3.プラグイン「PS Disable Auto Formatting」を使う方法

phpファイルに直接記述が心配な場合や、過去記事がたくさんある場合は、プラグインに頼る方法もあります。
作者が日本の方なので、日本語で解説もあり安心です!
PS Disable Auto Formatting
管理画面「プラグイン」→「新規追加」から「PS Disable Auto Formatting」を検索して、有効化します。
すると、管理画面の左メニュー「設定」の中に「自動整型」という項目が表示されるようになります。
PS Disable Auto Formatting


「自動整型」をクリックすると、設定画面が出てきます。お好みで設定します。
PS Disable Auto Formatting_setting


【ビジュアルエディタで入力する場合に知っていると便利】
「pタグ挿入」は「Enter」、「brタグ挿入」は「Shift」+「Enter」です。


【プラグイン作者サイト】
Prime Strategyさま
※サイト後半に日本語で解説があります。


意外にさくっと簡単に「pタグ」を自動挿入させない方法を実現できました。
3つのうち、どれかを試すと良いかもしれません。
参考にCodex日本語版「関数リファレンス/wpautop」もチェックしてみてください。

-Webの記録
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

【jQuery】PCとiPhone,iPad,Androidを判別してページを切り替え(リダイレクト)したいとき

この記事は約 2 分で読めます。 以前はPCだけを意識してWebサイトを制作してきました。 しかし、最近はだんたんとPC以外(iPhone,iPad,Android)のタブレット系端末のアクセスが増え …

no image

WordPress はじめてのオリジナルテーマ作り。【まとめ】

この記事は約 1 分で読めます。 昨年の11月に、私はWordpressのオリジナルテーマをはじめて作成しアップしました。 はじめてなのでまだ高度な事は出来ていませんが、今まで幾つか書きためた記事をこ …

no image

Photoshopのテキストレイヤーからテキストを抽出する方法

この記事は約 2 分で読めます。 Photoshopで作られたカンプからコーディングをする時に、テキストレイヤーにある文字をいちいち入力するのは面倒だと思いつつ、今まで全て手打ちしてました。。。時間ロ …

no image

ムームードメインで取得した独自ドメインをエックスサーバーで使う設定方法

この記事は約 1 分で読めます。「エックスサーバー」を利用する事が決まっていて、ドメインをどこで取得しようかな?と思った時、「エックスドメイン」という選択肢もあったのですが、今回は「ムームードメイン」 …

no image

レスポンシブサイト制作にチャレンジ。

この記事は約 1 分で読めます。最近、気になっているのが「レスポンシブWebサイト」。 1つのHTMLで、スマートフォンやタブレットなど小さな画面とパソコンなどの大きな画面で見た場合と見た目を切り替え …