Webの記録

『WordPress閲覧しているページが使用しているテンプレートがひと目でわかる!』便利プラグイン「Show Current Template」

投稿日:

この記事は約 2 分で読めます。

WordPressのテンプレートを制作・カスタマイズをしていて、「表示しているページがどのテンプレートを読んでるんだろう」と思ったことはないですか?

「Show Current Template」というプラグインを使うとひと目で読み込んでいるテンプレート(パスやインクルードされたテンプレートが複数ある場合はその情報も)がバッチリわかります。

何時間も探っているより、一瞬でわかるこのプラグインを使った方が時間短縮できて便利だったので、ここにメモします。



目次

  1. 設定方法
  2. カンタンな使い方説明


設定方法

プラグイン「Show Current Template」をダウンロードして、有効化します。

上部に「ツールバー」を表示するように設定します。ダッシュボードで「ユーザ」→「あなたのプロフィール」を表示します。
『ツールバー 「サイトを見るときにツールバーを表示する」』にチェックを入れて、「プロフィールを更新」ボタンをクリックすれば、下準備OKです。



カンタンな使い方説明

ツールバーが表示しているページ上部に出るようになりました。
調べたいページを閲覧すると、ツールバーに適用されているテンプレート(○○.php)などが表示されるようになりました。

この部分をクリックすると、テーマの相対パスやインクルードされたテンプレートが全てひと目でわかるようになりました。



とっても簡単!すぐにわかるので、便利なプラグインです!

【プラグイン公式ページ】Show Current Template|WordPress.ORG日本語プラグインディレクトリ


-Webの記録
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

FileZillaの転送キュー(キーファイル)をクリアする方法

この記事は約 1 分で読めます。 Webサイトをサーバーにアップする時、またサーバーにあるファイルをバックアップとる時など、私は「FileZilla(ファイルジラ)」というFTPソフトを利用しています …

no image

Worepressのロゴ、ボタン、カラースキームなどの公式データをメモ

この記事は約 1 分で読めます。 WordPressのロゴ、ボタン、カラースキームなど、公式データがダウンロード出来るようになっていたので、メモ。 ちゃんと、あったんですね!!しかも、かなり種類が豊富 …

no image

WordPressサイトで表示高速化をいろいろやってみた。

この記事は約 1 分で読めます。 スマホなどでWebページを閲覧するようになって、表示が遅いサイトはせっかくアクセスしても表示されないまま諦めてしまうことが多々あります。 Googleが検索結果の順位 …

no image

Worepress 前後の記事へリンクをつけたい時。

この記事は約 1 分で読めます。 記事の下に「古い記事へ」「新しい記事へ」という前後の記事へのリンクを表示しています。 単純に投稿順で前後の記事へリンクをさせるのか、または開いている記事と同じカテゴリ …

no image

WordPressのオベンキョウ②

今日は、プラグインを準備してみました。